テーマ:子供

「差別的思考回路」の形成

ピアジェ発達段階論によれば、12歳以降の「形式的操作段階」に入ると、人は形式的・抽象的思考操作がができるようになるといいます。つまり、これ以降本格的な「思考」と呼べる知的営為が可能となるわけですが、差別学習の観点からみれば、12歳以降はまさに差別を思考することができるようになる年代ということになります。 このような差別を思考する営…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「差別学習」の第一歩

誕生してから乳幼児の間はまだ差別するということを知らない人類が差別行為の第一歩を踏み出すのは何歳頃でしょうか。そうした観点からの本格的な研究自体があまり行なわれていないため断言はできませんが、自身の経験を加味した推定によれば、おおむね7~8歳頃には早くも差別行為の芽が生じるように思われます。 その点、ピアジェ発達理論によれば、人間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「差別学習」の最原点

差別行為の基層には、事物を識別するという認知機能があります。事物の識別という認知機能は、人類以外の動物にも備わっているようですが、人類の場合は、識別した事物に価値の優劣を付けるという思考操作が加わります。このような価値序列化は人間の持つ「高等知能」の作用と考えられていますが、そのことがあだとなって、差別行為という人間特有の問題行動が発生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出生前診断をめぐって(上)

先月、茨城県の教育施策を話し合う会議の席上で、一人の県教育委員が障碍児らの通う特別支援学校を視察した経験をもとに、「妊娠初期にもっと(障碍の有無が)わかるようにできないか。(教職員も)すごい人数が従事しており、大変な予算だろうと思う」、「世話する家族が大変なので、障碍のある子どもの出産を防げるものなら防いだ方がいい」などと発言したとして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

差別の正体―劣等感

差別とは、特定の被差別特徴を持つ人ないしそのような集団を蔑視することであるから、それは何らかの優越感をベースにしているものと思われやすい。例えば、容姿差別ならば、自分の容姿に自信を持つ者が自分より容姿に劣ると見た相手を蔑視するのだろう、と。 ところが、そうでもないようなのである。むしろ差別の根底にあるのは、劣等感である。自分の容姿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more